Tappino

取手アートプロジェクト実施本部事務所兼アートスペースとしてさまざまなつながりを生んだTappino(タッピーノ)。取手井野団地・3街区ショッピングセンター内にある元銀行跡地のこの場所は、2008年に開催した公募展でみかんぐみがリノベーションをおこない誕生した場所です。
2009年6月から2011年8月までTAPはTappinoを拠点として場所を開き、地域の方やアーティストをはじめさまざまな人びとが連鎖する場として、また生活にごく近い場所でアートが生まれてつながっていく環境を育てていくことを試みました。この場での試みを土台として、2010年度からはコアプログラム《アートのある団地》が走り出しました。
2011年秋、団地住民と共同でつくる新たな拠点「いこいーの+Tappino」をオープン。《アートのある団地》活動拠点として、団地および近隣にお住まいの方、お子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、世代立場もさまざまな方とともにパートナーアーティストのプロジェクトを通じて、場づくりを続け、「こと」を生み出していきます。

いこいーの+Tappinoについてはこちら

123
  • アートのある団地
  • 半農半芸
  • あしたの郊外
  • TORIDE ART 不動産
  • ブログ
  • サポート募集
  • メールニュース
ページの先頭へ