ダンチ・イノベーターズ!作戦総指揮・馬場正尊 ステイトメント


ステイトメント|Statement

danchi_all

団地には表現の余地がたくさんある。
例えば、団地にはたくさんの空地がある、空き物件もある。
たっぷりとした隣棟間隔がある、そこには植物や遊具がある。
人々の営みがある、コミュニティもある。そして、
人々の積み重なった記憶がある。
それらは時とともに変化を重ねながら、今の姿になっている。

同時に団地は、現代の郊外の縮図のような場所だ。
少子化や高齢化、世帯の偏り、
空き店舗や物件、空地のメンテナンス、
コミュニケーションのギャップ・・・。
それらは表皮一体となって団地に存在している。

だから団地に向き合って表現することは、現代と時間の蓄積に、そのまま向き合っているような感覚になる。

建築やランドスケープは、この古くて新しい空地に何ができるだろう。
アーティストはこの状況の中、何が起こせるだろう、何を変えるだろう。
コミュニティのリ・デザインは可能だろうか。
それとも、まったく違う切り口の表現があるだろうか。

アートやデザインが団地を、そして郊外を変えていける原動力になり得るか。
このプロジェクトは、そのための実験だと思う。


馬場正尊

建築家/Open A/東京R不動産
ダンチ・イノベーターズ・プロジェクト 作戦総指揮








ダンチ・イノベーターズ・プロジェクト詳細・参加方法はこちら

プロジェクト詳細ページ http://www.toride-ap.gr.jp/news/?p=372




お問い合わせ

取手アートプロジェクト実施本部
TEL/FAX:0297-72-0177(TEL のみ火・金 13:00~17:00)
E-mail:tap-info@toride-ap.gr.jp

ニュースの一覧へ戻る

  • アートのある団地
  • 半農半芸
  • あしたの郊外
  • TORIDE ART 不動産
  • ブログ
  • サポート募集
  • メールニュース
ページの先頭へ