IAVオープンスタジオ2011「団地を掘り下げる」


この秋、アーティストが「団地を掘り下げる」!?

IAVオープンスタジオ!2011


取手井野団地のショッピングセンターの中にある井野アーティストヴィレッジ。30名を越えるアーティストのシェアアトリエStudio101~107が活動を公開するとともに、井野アーティストヴィレッジ所属のアーティストが「団地を掘り下げる」をテーマに作品を発表します。「団地」のなかで活動するアーティストたちがそれぞれ読み解き「団地を掘り下げる」この企画、ぜひお運びください。みなさんのお越しをお待ちしています!

日時
2011年10月1日(土)~23日(日)までの土日祝 9日間 11:00~18:00 入場無料
会場
井野アーティストヴィレッジおよび取手井野団地3街区ショッピングセンターエリア周辺
オープニング
2011年10月1日(土)18:00~ 井野アーティストヴィレッジにて

*フライヤーpdfはこちら

企画主旨-井野アーティストヴィレッジより

IAVができて4年が経ちます。しかし、未だにアーティストのアトリエが団地の中にある、ということを他で聞いたことがありません。また団地という 日常生活の集合体の中にアトリエがある、ということはアーティストにとってとても非日常なことです。そんな、異物といっても良い関係が触れあう時、化学変化である「活性化」が起こるのでは?という期待感が生じます。今回の展覧会は、そんな団地とアートの関係性をそれぞれテーマにして制作することを基本とし たオープンスタジオです。そして井野団地が完成した1969年という、60年代最後の重要な年の土に触れるということが、重要な裏テーマとなっています。 我々の現在は、戦後の高度経済成長を経て様々な問題を孕みながら迎えています。今、問われているエネルギー問題の根源も戦後の時代から始まっていると言え るでしょう。時代に触れ、そして現在を再考し今後の未来につなげよう、と指向する展覧会です。
 

佐藤時啓(IAV運営責任者代表・東京芸術大学美術学部教授)

参加アーティスト

101:東京芸術大学先端芸術表現科 佐藤時啓研究室
 
102:栗山斉、磯野迪子、島本智重子
 
103:佐藤時啓、下西進、知念ありさ、八谷和彦
 
104:加藤久美子、石塚つばさ、イノウエみ、笹川治子
 
105 渡瀬慎也、神農知世、藤林悠、藤木光明
 
106:坂本千弦、近藤美智子、渡部華子
107:椎葉聡子、大塩博子、峯靖晃

井野アーティストヴィレッジについて

若い芸術家の制作環境の整備のため、東京藝術大学と取手市が連携しUR都市機構の協力により取手市井野団地内のショッピングセンター一棟(7戸)を改修してオープンした共同アトリエ。2007年12月オープン。

井野アーティストヴィレッジWeb::http://inoav.org/iav/news/

ニュースの一覧へ戻る

  • アートのある団地
  • 半農半芸
  • あしたの郊外
  • TORIDE ART 不動産
  • ブログ
  • サポート募集
  • メールニュース
ページの先頭へ