展覧会「故郷を愛した作家たち」、きらりで開催中


茨城県南および取手ゆかりの日本画家たちの作品が見られます。

photo (12)小川芋銭や永田春水をはじめとした、茨城県南ゆかりの7人の作家たちの日本画展が、現在とりでアートギャラリーきらりで開催されています。自然をこよなく愛し、自然と共に生きた茨城県南の作家たちが描いた素晴らしい作品とともに、この地域の日本画の伝統や業績をお伝えします。ぜひ、この機会に取手市にゆかりのある作家の優れた作品をご鑑賞ください。(取手市HPより)

主催:取手市
企画・運営:文化工房ふじしろ

会期
2014年7月13日(日)-25日(金) 10:00-19:00 入場無料
会場
とりでアートギャラリーきらり(取手駅西口前・宇田川ビル2F)

取手市ウェブサイト内情報ページ

http://www.city.toride.ibaraki.jp/index.cfm/9,32159,31,277,html

お問い合わせ

取手市 文化芸術課 0297-74-2141

 

ニュースの一覧へ戻る

  • アートのある団地
  • 半農半芸
  • あしたの郊外
  • TORIDE ART 不動産
  • ブログ
  • サポート募集
  • メールニュース
ページの先頭へ