TAPがネットワーカー活動推進大会シンポジウムに参加します。


大好きいばらき県民会議主催シンポジウムにTAPが参加します。

11月17日に開催される茨城県ネットワーカー活動推進大会シンポジウムのパネリストとして、取手アートプロジェクト実施本部事務局長が参加します。平成23年度、24年度に茨城県の支援を受けて進めてきた取手井野団地での取組みを中心に紹介しながらお話しします。お時間あれば、ぜひご来場ください。

日時
2013年11月17日(日) 13:20−15:10 参加無料・予約不要
場所
取手市民会館(茨城県取手市東1-1-5) 
http://homepage2.nifty.com/3251/

企画趣旨:大好きいばらき県民会議事務局より

平成7年9月に,大好き いばらき 県民会議が設立されてから平成12年度までは,水質浄化,福祉,交通安全などを行動テーマに掲げて,様々な県民運動を展開してきました。また,平成13年からは,福祉社会づくり,生活環境づくり,人づくり,茨城の風土づくりを県民運動の4つの柱に据えて,我々ネットワーカーがその推進役となって県民運動の普及に努めてきました。
しかし,県民会議設立から18年目を迎え,社会の状況が大きく変化してきていることや,東日本大震災を契機として家族や地域の絆の大切さが叫ばれてきている中で,「地域の課題は地域で解決しよう」,「自分たちの地域は自分たちでもっと良くしていこう」という気運を高め,次の世代につながる県民運動を創り上げていかなければならなりません。
このため,「これからの大好き いばらき 県民運動とネットワーカーの役割」をテーマとして,地域活動に携わる団体,グループ,コミュニティ等の活動事例の紹介をもとに,これからの大好き いばらき 県民運動のさらなる発展に向けて討論をしていただくことにより,これからの地域活動の中心として期待される,我々ネットワーカー活動の参考としたいと思います。

シンポジウム概要

 20131117symposium_blief


テーマ・パネリスト・コーディネーター(資料より抜粋)

テーマ

「これからの大好き いばらき 県民運動とネットワーカーの役割」

 

パネリスト

  • NPO法人取手アートプロジェクトオフィス 理事/事務局長 羽原康恵
  • 市民ネットワークわくわくプロジェクト土浦  代表 日辻美香 氏
  • 守谷市下ヶ戸町内会 会長             高木 保 氏
  • 大好き いばらき 県民会議 事務局長        森田百合子 氏

 

コーディネーター

  • 茨城新聞社 地域連携室統括         冨山章一 氏



お問い合わせ

シンポジウム主催 お問い合わせ:大好き いばらき 県民会議 http://www.daisuki-ibaraki.jp/

取手アートプロジェクト実施本部
TEL/FAX:0297-72-0177(TEL のみ火・金 13:00~17:00)
E-mail:tap-info@toride-ap.gr.jp

ニュースの一覧へ戻る

  • アートのある団地
  • 半農半芸
  • あしたの郊外
  • TORIDE ART 不動産
  • ブログ
  • サポート募集
  • メールニュース
ページの先頭へ